意外な一面に…

§ 3月 11th, 2014 § Filed under 未分類 コメントは受け付けていません。


私の友人で、お金もあり、バツイチ。結婚してる時から彼女が何人も居て、水商売の女の子から人気の男性が居た。

私の友人の女の子とも過去に恋愛関係になっていたが、自然に消滅していたし、
どんな恋愛をしてるのかもわからないまま私とは完全に友達関係のままだった。

5年ほど連絡を取らないまま月日が過ぎて、つい最近知らない番号からの着信が入った。
引越しの見積もりなどを御願していた時期だったので、普段出ない知らない番号からの着信にも
ためらわずに出たのだが「俺だけど…わかる?」とオレオレ詐欺かと思うほどの最初の一言だっただけに
「いえ。知りません。どちら様でしょうか」と冷たく言うとすぐに名乗ったので、判明。
番号が変わったので登録しておいてという内容と5年間の空白の時間の中で、私の結婚が決まったことなどを報告。
おめでとうと祝福の言葉をいただいて電話を切った。

番号を登録したら、ラインのお友達に上がってきたので、そのままアクションをせずにいたのですが、
彼はタイムラインに結構つぶやいていたので時間がある時に覗くと、「彼女がほしい。さみしい。誰か遊んで」など
さみしいアピール満載。それに対してお姉ちゃんのご飯行きましょう、などのコメントが山のように入っていました。

彼女と別れた様子がタイムラインから読み取れたのですが、あっさりした兄貴タイプだと思っていたのに
ねちねちとさみしいアピールをするその人にドンビキ。